鷲見モータースという十勝管内の帯広・音更でトルコン太郎を扱う会社

北海道の道東地区で密かにトルコン太郎を設置しているお店。その名も「有限会社 鷲見モータース」

読み方は

「わしみもーたーす」

です。

十勝(帯広市音更町)で 50年以上続く老舗といえば聞こえは良いですが…

少し古びた整備工場です。

通常の自動車の整備は勿論のことですが…

ATやCVTのミッションオイルの交換も出来る

「トルコン太郎」もありますので

ATFを交換したくても過走行により断られたことのある方など…

トルコン太郎は過走行の車でも

圧送交換」によりトラブルを起こさず交換出来るのが売りの機器なので

(すでに調子が悪い状態での交換では改善出来ないなど保証できない場合があります。)

試したことが無い方は是非!

お越しいただけたらと思います!

交換の様子を一部載せます。

・総走行距離数 約120,000km(無交換)のダイハツ・ミラ

・総走行距離数 約75,000km(交換回数不明)のホンダ・オデッセイ

・総走行距離数 約430,000km(交換回数1回・15万km走行時)のトヨタ・ランドクルーザー80

一目で汚れ具合がわかり新油と廃油を見比べることもできます。 (これを見た方は交換してよかった・・・と、言って下さる方がほとんどです。)

・総走行距離数 約40,000km(無交換)の三菱・ekワゴン

ミッションは走行には欠かせない車の大事な部品の一つです。

メンテナンス(ATFの交換)が必要か不必要かは賛否両論あります。

メーカーでも不必要と言っているところもあります。*車種によります。

ただ、私としましては…

・燃費が改善

・ミッションが長持ち

・変速がスムーズになる

などのことから交換は必要なのではないかと考えております。

故障などした場合には高額な費用が掛かります。

長く乗っていたい車であればあるほどエンジンだけに限らずミッションの定期的なメンテナンスもオススメします。

デメリットは…

少し費用が掛かってしまうことですが

後々に大きな出費や乗り心地など考えたら…

と、いうことで・・・考えてみてください。

*車種により「圧送交換」出来ない車もございます。ご了承ください。

その場合はレベルゲージやオイルパンから交換する

循環式

での交換となります。

交換率は圧送交換よりは劣りますが、やらないよりは…と、いうお気持ちで交換してみてはいかがでしょう。

「循環式」はこんな感じの交換風景となります。

気になる金額は…

車種やミッションの種類「AT」「CVT」、オイルの種類、交換するオイルの量により金額がバラバラなので…

軽自動車でもざっと1万円以上はかかる…

と、いうふうに思っていただければ幸いです。

そこはお客様の要望や希望などを聞いて、ご相談に乗って少しでも寄り添えたらと思います。

住所

080-0111

北海道河東郡音更町木野大通東3-2-6

帯広市のすぐ隣町です)

・TEL 0155-31-5533

営業時間

・8時半〜17時

までとなっております。

定休日

・第二土曜

・日曜・祝日

・お盆・年末年始

Google マップ

小さな工場ではありますが、一生懸命アットホーム感を出しながら営業して参りますのでどうぞ宜しくお願い致します。