トルコン太郎でekワゴンのATFを圧送交換しよう!

総走行距離数は45,000km。初めてのATF交換!汚れ具合はどーなってるのか??

車両情報

三菱 ekワゴン

初度登録年月 平成19年9月

型式 DBA-H82W

総走行距離数 44,763km

交換回数 0回(今回が初めて)

交換量 5L

点検でレベルゲージで見てはみるものの汚れ具合は今ひとつわかりにくい部分があります。

なので定期交換の依頼もありましたのでどれだけ汚れているか写真に収めてみました。

下から覗くと…

ラジエーター下のオイルクーラーから2本出ているパイプがあるので、 どちらか外しやすい方1本だけ外してトルコン太郎専用の器具を装着します。

*今回は下から覗いて運転席側の方のパイプからホースを外して器具を接続しました!

パイプ側とホース側に器具を取り付けるのですが行きと戻りのホースを間違えて装着しても機械がブザーを鳴らして教えてくれるので安心です。

交換量は「5L」に設定しました。

汚れ具合は・・・

新油に比べると濁ってはいるものの、そこまで酷いと感じるものではありませんでした。

ですが、経年劣化もありますので(新車から10年以上経過している)ATFの性能などのことを考慮すると、濁り具合に限らず早めに交換したほうがいいのかもしれませんね・・・

過走行の車とは違い、45,000km程の走行距離だったので交換後のATFの透明度は新油に近い状態になりました。

乗り心地は・・・

違いの分からぬ男でしたのでよくわかりませんでしたが、気持ちのいい試運転ができました。

やはり、長く大事に乗っていこうと思う車は大事に定期的なメンテナンスが大切だと思う今日この頃です。